2010年08月27日

歯科の主治医との不思議な縁

それは8月の初めのある朝、朝食後の歯磨きのときに鏡で歯の状態をcheckしているときに気がついた。

約15年前に治療した左の前歯が、久しぶりに?削れていた。
すぐに、歯科の主治医に電話連絡。
しかし、このときはちょうどお盆休みに入る少し前で、わたしの都合が合わず、診察の予約を取ったのは、先週金曜日の夕方の時間帯だった。
診察に行くまでにさらに削れないように注意しなければ。。。
そう思いながら過ごした数日は、すぐに過ぎた

先週の金曜日、予約時間に少し遅れて歯科に到着。
待合室で診察を待つ間、診察室の本棚に並んだ本から選んだのは、この文庫版。
http://amzn.to/9rzVRu
この15分ほど読んだところで、主治医が、わたしを見つけ待合室にやってきた。
そして、こう話した。
この本は著者サイン本なんだけれど、この本の翻訳家とは、つき合いが長くて、実は10代からのつき合いなのね。初めて会ったのは、某進学塾某私立中学受験コース。
で、中学の入学式でも一番最初に会って
「あ、君も合格していたんだね!」
って言い合って。
以来、中学、高校、通学の電車からして一緒。楽しかったよ、学校に通うのが。。。

そして、この後に主治医の口から出た地名を聞いて、驚いた。
その地名は5年前の亡くなった、わたしの父が通っていた中高一貫教育の私立男子高のある場所だったからだ。
なので、わたしは、
先生、もしかして。。。
5年前に父は亡くなっていますが、先生と父は中学高校が一緒ですよ。
父は大正13年生まれなので、旧制の中学高校だったころですけれど。

と言ってから、父の姓名を先生に告げた。
すると、今度は、先生の方が驚いて、
え〜っ、そうだったの!!!
君の歯は20年以上診ているけれど、今日、お父様のことを知るとは!
なんか縁を感じるなぁ、縁だよねぇ。本当に。

ということで、この日は、父の話しで盛り上りながらも、歯のレントゲンを撮り、骨の状態を見た。
わたしは、自分のレントゲン写真の中でも、特に歯のレントゲン写真好き(^^ゞ
この主治医と出会う前の、まだ、10代の頃、奥歯に鈍痛がありレントゲンを撮ったところ、わたしは、親不知が上下4本あるが、骨格が女性で細いので4本生える場所がないことが判明。
当時の主治医曰く、
「親不知が4本あるのは、縄文人の系統。それに、骨密度もいい。」
海外に行く可能性が高いのならこの4本は体力がある今のうちに全て抜歯するように勧められ約2ヶ月かけて抜歯。

その数年後の大学時代に今の主治医と出会うのだが、出会った当時からこの4本の親不知の抜歯後が奇麗で、骨密度も、カルシウム代謝もいい美しい歯と骨だと言われていた。
それなのに、なぜ、歯が削れてしまうのか、というと、ストレス性の歯ぎしりが原因。
今回、久しぶりに削れたのも、同じ原因。
ということで、これを防ぐために、mouthpieceを新しく作って、その減り方を見ながら前歯の治療をすることになった。

今日〔2010年8月27日)この新しいmouthpieaceができ上がった。
今回は、はじめて色つきのdark blueのmouthpieace。

mouthpiece082710.JPG

mouthpieaceのfit感を試した後、先週の診察でわたしも、主治医もほぼ同時に、
もしかして?

と感じた、10年前に治療した右の奥歯のfillingも新しい樹脂に変えた。

次の治療日の予約をとって、帰ろうとしたとき、主治医が、
Blogやってる?やってるんだったら、宣伝してくれないかなぁ。HP作ったばかりだし。。。

ということで、実は、この記事を書いたという次第。
わたしが20年以上信頼して治療を受けている院長は、歯科医としての技術人柄いうまでもなく英語も堪能なので、日本に住む外国人の方も多いのです。

主治医が院長を務める歯科医院は以下:
http://www.yamaguchi-dental.info/contactus.html


blogram投票ボタン


ラベル:歯科
posted by yoshikoskz at 21:12| パリ ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 雑感 | 更新情報をチェックする

2009年02月11日

Blogを少々変更してみる

久しぶりにBlog ContentsとLayoutを変えてみた。
今回の変更は以下:
【追加】
1)seesaa blogの「カテゴリ最新記事タイトル表示」追加
2)Booklog
http://booklog.jp/
の本棚のblogparts追加
3)message送信用フォーム追加(右サイドバーのMassageの下"mail"をclickすると、フォームへ飛びます)
【削除/変更】
1)Blog parts 「ブログペット」削除
2)Stop Rokkasho/お休みなさい柏崎刈羽原発/チームマイナス6%のバナーを削除し、「よく行くsites」に追加。



大きな変更ではないけれど、以前よりBlog全体が見やすいように変更したつもりですが、どうかしら。。。。。
posted by yoshikoskz at 14:47| パリ 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | 更新情報をチェックする

2009年02月01日

『ジャングル大帝』のレオの記憶とiPhone 3G(白)

1月30日 NHK 総合放送の「プレミアム10:『手塚治虫 漫画 音楽 そして人生』」(録画)を見た。
http://catalina.blog.so-net.ne.jp/2009-01-29-1
坂本龍一のinterview場面以外で印象深かったのは、冨田勲指揮+大阪大学交響楽団による、「ジャングル大帝」のOpening Themeの演奏だった。



大・大・大・大昔、まだ、幼稚園児だった頃、テレビアニメ版の「ジャングル大帝」を欠かさず見ていた。
特に、幼い頃のレオが大好きで、一人で絵を書いて遊ぶときは、耳の縁(後側も)と尻尾が黒い白いライオンのレオの絵ばかり書いていた。
(鬣と目の形がバランスよく書けたときは、嬉しかったなぁ。)

小学校入学時に初めて、自分用の机と椅子を買ってもらうことになって、当時通っていた幼稚園の近くにあった、家具問屋へ母と一緒に行った。このとき、学習机のコーナーで、すぐ、目に留まったのは、机の横に幼い頃のレオの絵が入った学習机と、これとお揃いの絵が背当ての部分に書かれた、ブルーの椅子だった。

ところが、このレオの机と椅子は、「入荷待ち」の商品。
予約しても、入学までに間に合わず、最長で5月の初旬に届くかどうか、という大人気商品だった。

母は、
「ブルーの椅子だし、レオは男の子向けだから、違う机と椅子にしたら?」

と、提案するが、わたしは、
レオが好きだから、これがいい。。。。。

と、譲らなかった。

母は、
「この机と椅子、大事に使うと約束できたら、買ってあげる」
と、折れて、わたしは、勿論、この約束に同意。
それで、無事予約。

問屋のご主人が「入荷したら、お電話します。」

と、おっしゃってくださったのを信用しない訳ではなく、この机と椅子に会いたくて、予約後、1日おきくらいに幼稚園の帰りに、この問屋さんに寄った記憶がある。
問屋のご主人に、
「(お嬢ちゃんは)本当にレオが好きなんだね。」
と、言われてうなずく、わたしの横で、母は、
「本当にしょうがない子で」
なんて言っていた。
1日おきに問屋さんへ通った甲斐があったのか定かではないけれども、この机と椅子は、入学式までに無事届いた。
そして、20歳で転居するときまで大切に使った。



大・大・大・大昔から、月日は流れ。。。。。
昨年末にiPhone 3Gの白を購入して、家に帰ってじっくり見て気がついた。
iPhoneの白は、筐体の背面は白だけれど、画面の上下は黒。

これって、レオの配色と同じじゃない?!
だから、iPhone発表のときの映像で見たときから、買うなら、白!って、ビビっときたのかしら?MacBookが白の筐体だからではなく、レオの記憶だったの??

なんて思いながら、YouTubeで「ジャングル大帝」で検索してみると、
ありました!
それも、かなり録音状態のよいものが!!
1月から、東京MXテレビで1986年放送のリメーク版「ジャングル大帝」放送中ですが、
http://www.mxtv.co.jp/anime_portal
わたしは、オリジナルが好きだということを再認識したのが、このYouTube映像。

Ending に出てくる、走っているときのレオの、

「ボクは、パンジャの子なんだ、強くて勇気があって優しいライオンにボクも、なるんだ!」

という決意が表れている目線が、今も大好き!

YouTubeのこの映像コメント欄にもありますが、当時の弘田三枝子、歌が美味い!


OP&ED THEME

read more
posted by yoshikoskz at 12:26| パリ 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑感 | 更新情報をチェックする

2009年01月18日

「ハドソン川の奇跡」と、Barack Obama次期大統領最初の不運

日本のニュースでは、「ハドソン川の奇跡」と呼ばれるようになったらしい、US AirwaysのA320型機のハドソン川への緊急不時着。大規模な事故だったにもかかわらず、150人全員が無事だった、この事故の第一報を報じた写真は、救助に向かった民間フェリーからiPhoneで撮影されたらしい。

こういった明るいニュースにiPhone 3Gが関わっていると知ると、他人事ながら、ほんのちょっとだけ、嬉しい気分だ。
以下の記事↓
”iPhone first responder at US Airways crash into Hudson River”
http://blogs.zdnet.com/Apple/?p=2798

一方、こちらは、Barack Obama次期大統領が見舞われてしまった、携帯端末、Blackberryにまつわる、ほんの少しだけ不運なニュース。

流石のObama次期大統領も、引力とコンクリートには勝てなかったようだ。

落下による破損はBlackberryの場合も保証の対象外のはず。
Obama次期大統は、もう、領新しいBlacberryを再購入しただろうか?
それとも、シークレットサービスに、こんこんと今回のことで注意され、当分、購入できない状況にあるのだろうか?

と、つい、気を揉んでしまう(苦笑。

根が粗忽者なわたしとしては:

わたしが、もし、コンクリートの上にiPhone 3Gを落下させて破損させたとしたら。。。。

と、想像してしまうと、このニュース、どうにも他人事として片付けることができない(苦笑。

posted by yoshikoskz at 02:12| パリ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | 更新情報をチェックする

2009年01月14日

KITTというサービスを使ってみる

「seesaaのお知らせ」
http://info.seesaa.net/article/112377841.html
を、久しぶりに見たら、KITTというBlog解析型、Blog partsの提供が開始されていた。
何やら、このBlog parts、Blogの傾向を感情で表現してくれるらしく、ちょっと面白そうなので、使ってみることにした。

posted by yoshikoskz at 02:25| パリ ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | 更新情報をチェックする

2009年01月01日

A Happy New Year〜♪

A Happy New Year♪

新年おめでとうございます。

ことしもよろしくお願いいたします。

2009年1月1日

2009-013.gifread more
posted by yoshikoskz at 07:07| パリ 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑感 | 更新情報をチェックする

2008年12月05日

自宅の光回線突然不具合あぁ不便!

今日の午後から自宅の光回線が不具で最短でも復旧までに3日かかるハメに。
とほほ。
というわけで、緊急連絡は、お手数ですが、携帯宛にメールをお送り頂けると大変助かります。read more
posted by yoshikoskz at 21:44| パリ ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑感 | 更新情報をチェックする

2008年10月07日

未だに覚えている緒形拳と笠智衆の蜜柑にまつわる話。

俳優の緒形拳が亡くなった。。。

今年8月2日にNHK総合で放送されたNHK広島放送局開局80周年記念ドラマの『帽子』での緒方拳のボケぷっりは圧巻だったのに。。。
http://www3.nhk.or.jp/drama/html_news.html

映画では、『鬼畜』が、一番好きかなぁ。。。。。

学生時代、大学近くの横断歩道を走って渡る緒方拳を見かけたが、その走りぷり、カッコよかったぁ。。。

10年以上前だと記憶しているが、『週刊文春』の阿川佐和子の対談「この人に会いたい」の緒形拳がゲストの回。
これに未だに内容を覚えているほど好きな、緒形拳と笠智衆に関するエピソードがある。

仕事で新幹線に乗った緒形拳。席を探していたら、別の仕事で同じ新幹線に乗っていた笠智衆と目が合った。そのとき笠智衆は、座席で蜜柑を食べていたが、緒形拳を見つけると、ニコニコっと微笑んだ。緒形拳も、ニコニコっと会釈してから、自分の席(笠智衆の席より2〜3列前)に座った。新幹線が走り出して10分くらいして、車内販売員の女性が緒形拳のところに来て、

「後ろの方がこれを。。。」

と言って、渡してくれたものはディッシュペーパーに包まれた半分の蜜柑。
緒形拳が後ろを振り向くと、また、笠智衆がニコニコ。緒形拳曰く、「このときの蜜柑ほどうまい蜜柑はなかったなぁ。。。」

シャイでエロくて「いい味」のお爺さん役に、これから、さらに、磨きがかかると思っていたのに。。。

連続ドラマを見るのは、かなり苦手なのだが、緒形拳の遺作となった、倉本聰脚本の連続ドラマ「風のガーデン」は、何とか全話見なければ。。。
http://www.fujitv.co.jp/fujitv/news/pub_2008/080425garden.html
posted by yoshikoskz at 17:22| パリ ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | 更新情報をチェックする

2008年02月13日

専門医受診のすすめ----角膜内皮細胞数とシリコンハイドロゲルレンズ使用その後

2007年11月19日の日記で、角膜内皮細胞数が減ってしまったことを書いが、将来、白内障にかかるriskのことも考えて、角膜の専門医の診察を受けた。実は、角膜の専門医をデータベースで調べていたら、定期診断を受けている病院の眼科に、この角膜の専門医を見つけたこともあったからだ。

角膜内皮細胞数やその密度だけでなく眼圧なども含め5種類ほど検査をしたが、結果を聞いて驚いた。

「角膜の状態、全然悪くないですよ。内皮細胞数は右2800mm2 左2700mm2ですし、密度もいいですよ。奇麗な八角形してますし。。。」

と、初対面の角膜専門医(女医)は話したのだった。

問診カードにも書いたのですが、別の眼科で検査したのですが、角膜内皮細胞数は、もっと低い数値を言われて。。。不同視なので、すぐ眼鏡に切り替えるのは、困難ですし、将来のことも考えて先生に診ていただくことにしたんですが。

と、再度話すと、

「角膜内皮細胞数そのものは、減るもので増えることはないですが、測定方法がいろいろあるし、白内障の手術で問題になるのは、細胞数より密度。現在の密度は良好ですから、コンタクトレンズ使って大丈夫ですよ。」

と、おしゃったので。

実は、これまで3年ほど使っていたコンタクトレンズの、特に、solutionが全然合わなくて。洗浄完了後装着するときに、入れた瞬間から5分間くらい、ものすごくしみて。それに、このレンズ、着けているときに、常に水の中で目を開けているような、光りが入ると、視界が水でブレるような感じがして、見にくかったのですが、わたしの説明がヘタなのか、solutionがしみることについては、「体質ですねぇ」と言われ、見にくいことに関しては、「そろそろ老視だから」と言われるばかりで。。。角膜内皮細胞数が減ってきたからということで、シリコンハイドロゲルレンズに替えたのですが、solutionがしみるのは変わらないんです。

と、これまでの状況を説明すると、

「ぶっちゃけた話、シリコンハイドロゲルレンズが発売されるまでは、ソフトコンタクトレンズの視界って、どれも似たりよったりだったのよ。シリコンハイドロゲルタイプのレンズも、何種類か出ているので、別のメーカーのもの試してみましょう。solutionもね、MPSはアメリカでもアレルギーが報告されている製品もあるから、これも違うものを試してみましょう。

という訳で、角膜専門医が薦めるレンズとsolutionに替えてみたところ、両眼の矯正視力1.5。視野も良好で、これまでの見えにくさは一体何だったのだろう?という感じだ。

専門医の数は現段階では、疾患を問わず非常に少ない。けれども、諦めず、どこの病院にいるかくらい調べておくのは、悪くないではないだろうか。

posted by yoshikoskz at 17:42| パリ | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | 更新情報をチェックする

2007年11月19日

角膜内細胞数とシリコンハイドロゲルソフトコンタクトレンズ

先週眼科で4年ぶりに角膜内皮細胞数を測定したら、減少して、しっかり「危険値」になってしまっていた。
ちなみに、
右目 2300mm2
左目 2100mm2

http://contact.m1craftsystems.com/category/risk.html

左右の視力が大きく違う「不同視」のため、眼鏡での視力矯正は無理で、10代の終わりからコンタクトレンズの使用者。発売当時、酸素透過性が一番高かったハードコンタクトレンズを8年間、連続装用(当然寝ている間もつけていた)していた。

それを知る主治医は、

そういう使い方していたんだから、加齢と合せて、このくらい細胞数なのは、当然なのよ、時間は経ってしまっていて、取り戻せないんだしね、

と、笑っていた。

わたしもこれには、同感だ。
目に負担かけたんだもの、それで、いつまでも、正常値でいてほしいなんて身勝手なことを考えてはいけないのだ。

細胞が減るものは止められないのだけれど、今はまだ、眼鏡をかけるのは不便が多すぎるということで、先週から、現在生産されているソフトコンタクトレンズとしては、一番酸素透過性の高いことになっているシリコンハイドロゲルのソフトコンタクトレンズを1日9時間上限の使用という条件で処方してもらうことになった。

視力も以前のレンズより出るし、近くも遠くも見やすいので、つい、長く使いたくなりそうになるのを抑えているところ。もう、手遅れなかもしれないが、仮にそうでも、この先、1日でも長く、コンタクトレンズが使えるように過ごさねば。
posted by yoshikoskz at 21:49| パリ 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | 更新情報をチェックする